忍者ブログ
いろいろ...
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
66  65  63  62  61  60  56  51  37  33  21 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

京セラの水晶モジュール KTX0-18S-03A-4( 12.8MHz ) を使って タイムメータ を作った。

このモジュール秋月で200円で販売されている。

精度は 100万分の1? との事。

月差で 2.6秒 以下。

AT90S1200 の
ソフト も変更。

1カウント 17ステップ を 18ステップ に増やし、測定回数18回( 18刻音分 )で歩度、片振り時間、振動数を表示 に変更。

きっかけは
びぶ朗 V2.0.2.6

2刻音で歩度等を表示する機能を追加されたとの事。

以前のタイムメータと同じように表示が変動する。

SEIKO5( 持っている時計で一番変動が少ない...はず )でもかなり変動するようだ。

それで、タイムメータ も18回測定して平均で表示するように変更。

劇的に安定して表示した。

びぶ朗 とほぼ同じ表示。

ただ、片振り時間が倍に表示していたが私の考え方が違っていたようだ。

片振り時間も
びぶ朗 と同じに変更( 単純に1/2にした )。

18回分の測定データもLEDで表示できるよう追加した。

基板も再製作。

製作した基板の回路図

50ea0d57.gif






実配線図
 
PCB1.gif
    
PCB2.gif


製作過程 ( 超我流 )

部品面に裸線と被覆線のジャンパー線を最初にする。

01.jpg








部品を小さい順に半田付けするが半田面の配線はしない。


02.jpg    03.jpg


全ての部品を半田付け後に半田面の配線をする。

04.jpg    05.jpg

一筆書きの要領で線材を半田付けするが、先頭の1箇所を除き全て半田吸い取り器で半田を一度取り除く。

線材を先頭に半田を溶かしながら半田の球に差し込み、線材を引き回した後最後の1箇所を半田付けする。

線材がランド( 銅箔 )の中央を通るように細いドライバー等で修正しその後半田付けする。

線材を細いドライバーで押さえながら半田付けすると線材が浮き上がらない。

部品は2箇所以上で半田付けされているので1箇所半田を取ってもズレる事はない。

安い基板だと半田を吸い取り器 ( ダイソーで200円で購入 )で吸い取るときにランドまでとれることがある。

06.jpg    07.jpg


08.jpg










SEIKO5 を ピックアップレシピ4 で測定 ( びぶ朗

アナログ
949a2b20.jpeg






パルス
d4e2e264.jpeg






キャリブレーション用 1秒パルス
6a6f6c65.jpeg







PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
無題(返信済)
(05/02)
(08/13)
プロフィール
HN:
sho
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
"sho" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]