忍者ブログ
いろいろ...
2017-031 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 02 next 04
33  21  18  11  8  4  2  1 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

PICKUP060730.jpg








ピックアップの本体は100円ショップで購入したキッチンペーパー用ボックスホルダ

30f381bbgif6a10f93egif









最初に裏側のマグネットを取り外してすぐに捨てる。(時計には磁気が大敵)
圧電素子を挿すための溝を開ける。
0171e9begif 7a9a7f01gif




ボックスホルダのキッチンペーパーの箱の角にあたる部分を切り落として面取りする。
8d801657gif c6103fccgif


圧電素子(防犯ブザーから取り出したもの)をラジペンで外周を折り曲げ皿状にする。
a853f1afgif   4f2cdf0fgif

圧電素子に信号線とグランド線を半田付けする。線の長さは5cm程度 半田付け後線をねじる。(ノイズ対策)
時計の傷付き防止に圧電素子の検出面に銅テープ(アルミテープでも可)を貼る。
圧電素子を開けた溝に入れる。
6mmX6mmの銅テープ(アルミテープでも可)をのり面を山折りに半分に折って圧電素子とボックスホルダを貼り付ける。
8aab334bgif







3.5mmステレオミニプラグ(Audio用同軸ケーブル)をボックスホルダ裏面で、先に圧電素子に配線しておいた線に半田付けする。
半田付けした部分がショートしないよう線をホットボンドで固定する。
656ee9b2gif







圧電素子の反対側にペットボトルの蓋(小さめのペットボトル)を半分に切ってボックスホルダに接着剤(セメダイン スーパーX)で貼り付ける。
879bba59gif







貼り付けたペットボトルの蓋に床キズ防止用スポンジを貼る。
ccddccfcgif  3ead8a3egif





スポンジは比較的硬いため検出感度を上げるためスポンジとペットボトルの蓋の間に発泡シートを入れている。
以上でピックアップは完成。

アンプのケースは圧電素子を取り外した防犯ブザーを利用する。
0e598ea0gif fbb97ff1gif
防犯ブザーのケース側面に3.5mmステレオミニジャック(イヤホン延長コードのメス側)を穴を開け取り付ける。
固定はホットボンド。
3.5mmステレオミニプラグのケーブル(イヤホン延長コードのオス側)を通す穴を開けケーブルを通しておく。
基板にトランジスタ等の部品を半田付けした後 3.5mmステレオミニジャック、プラグの線、電源線(ボタン電池ホルダからの線)を半田付けする。
イヤホン延長コードはエナメルコーティングされているのでライター等でエナメル部分を溶かして(燃やす)から半田付けすると簡単に半田がのる。

5a29dd14gif






基板の実配線図
c31c33ffgif







基板を取り付けるのに邪魔な防犯ブザーのケースのリブ等を削り取る。
半固定抵抗を調整できるよう上面の放音部分を丸く切り抜く。
ON-OFFスイッチの位置に注意しながら基板をホットボンドで防犯ブザーのケースに固定する。
ボタン電池を入れ、防犯ブザーのケースの蓋をして完成。

ピックアップ、アンプをパソコンにセットし、時計をピックアップにセット(圧電素子とスポンジで挟む)する。
始めに「びぶ朗」で適度な入力レベルになるよう 半固定抵抗を調整後、「びぶ朗」のキャリブレーション(時計をはずして)する。
時計は圧電素子に竜頭があたるようにセットする。 また、竜頭のあたり具合で感度が違う。
時計をスポンジ側におしてからゆっくり離す であたり具合を調整する。

「びぶ朗」v1.1.0.2 で測定
f39003efgif




PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
カウンター
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
無題(返信済)
(05/02)
(08/13)
プロフィール
HN:
sho
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
"sho" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]