忍者ブログ
いろいろ...
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
1  2 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

オークションでデジタルアンプを購入した。

中国のメーカーで TOPPING TP10-MARK4 というアンプ。

トライパス社のTA2024を使ったD級アンプ

本体、ACアダプタ、送料、決済手数料をあわせて 5,300円程。

家のメインのオーディオは30年程前に大学の生協で購入した

スピーカー ビクター Zero5Fine アンプ ビクター A-X5D

スピーカーのエッジは20年程前に厚めの不織布で張り替えている。

アンプは15年程前にメーカーで修理してもらってから殆ど使っていなかった。 最近電源を入れてみると、片chが極端に音が小さくなっていて、修理が必要な状態だった。

意を決し、修理しようとしたが簡単には治せなかった。(現在も修理継続中...のつもり)

パソコンのサウンドカードに直接 Zero5Fine をつないでみたところ十分な音量で、しかもかなり良い音でなった。

しばらくはアンプなしで iTunes のインターネットラジオの JAZZ を聞いていたが、気まぐれで デジタルアンプ を購入した。

それが TOPPING のアンプ。

これがかなり良い音。

さらに欲が出て、パソコンだけではなくTVの音も聞けるようセレクターを探していたら、YAMAHA A-7 というアンプがジャンクでオークションにでていたので落札した。 本体、送料、決済手数料入れて 4,000円程

A-7のジャンクの理由はメインダイレクトスイッチ(トーンコントロールスイッチ)が故障しているのと Rch の音がでない。

トーンコントロールは使わないから問題なし。

Rchの音がでなかったのはバランスのボリュームが機械的に壊れていたため。

壊れていたといっても 単にプラスチックに固定してあった金具がとれていただけだった。

結果的には 大当たり だった。

さらに欲がでてランプも高輝度青色LEDに交換した。

ところが A-7 は保護回路のリレーがランプにシリーズに入っていて、直接抵抗で電流を絞ってやると保護回路のリレーがONしない。

調べてみるとリレーだけではなさそうで 80mA も流れていた。

青色LEDは最大で 100mA も流せるので交換するだけでも動作はするが あまりにも まぶしすぎる。

LEDに平行に抵抗を入れて 12mA 程度まで電流を絞ったが それでもかなり明るい。

でもこれはこれで 良いかもしれない。

A-7 の音もかなり良いのだが デジタルアンプ のほうが好みの音。

結局 A-7 はソースセレクタとして電源を入れずに使う事にした。

005.jpg







これに味をしめ、KENWOOD S-V66E 用にもう一台 同じデジタルアンプを購入した。

PR


7/30サイズの TANNOY Autograph ミニレプリカ のサランネットを張り替えてみた。

よりオリジナルに見た目が近いと思われるものに変更。

角材も新調 中央の角材は 3x5mm に変更し、その両側には3x3mmの角材を直角三角形に削って、3x3mmの角材に貼り付けて五角形にしている。

白木(桧)でオーク材とは色がちがうが良い感じ。


MINI2_2.JPG







あとは本格的に鳴らしこみ....


ホームセンターでシナベニアと思われる端材(870x450mm t=2.8)を110円/枚で2枚購入。

前回製作した残材(ラワンベニア)も使ってもう1セット7/30サイズのAutographを製作した。

スピーカーユニットはemachinesPC付属のスピーカー(6cm)を使い、アダプターを作って取り付けた。

DSCF9077.JPG









DSCF9078.JPG








木工ボンドがまだ乾いていない。

サランネットはまだ作っていない。

インピーダンスを測ってみた。

ac57e0d1.jpg









やはり低域が出ていない。

ベニア板をカッターで裁断するときに定規を押えていた左手がひどい筋肉痛。 左肩があがらない。

でもとっても楽しい...

自作Autograph MINI のQ0を測定した。

MySpeaker  というソフトで測定。

測定にはたまたま在った0.1Ω 5W の抵抗を使用した。

6dfc23a5.jpg









FOSTEX FE83En         Q0:0.84   f0:165Hz       Qms:4.06  Qes:1.057  Qts:0.84

自作Autograph MINI  Q0:0.95   f0:156.53Hz  Qms:4.10  Qes:1.61    Qts:1.16

低域が多少増えているようなのだが、数字から実体はまったく見当がつかない。

それと、オークションで落札した KENWOOD S-V66E も測定してみた。

S-V66E.jpg









本体、送料、決済手数料等含め 4,800円程。

449x600-b0249_1.jpg










ウーハーのウレタンエッジがボロボロだったので 自作して交換。 

交換費用は材料、工具類も含め 2,000円程。

DELLのデスクトップPCに繋げているが、サウンドカード直結では音量が不足するため、先に落札したemachines N2242  に付属していたスピーカーのアンプを使って接続している。

アンプ回路図

999935eb.jpg





100均のボリュームあっぷと同じ石が使われていた。

金額的には オークションでジャンクスピーカーを落札して 自分で修理(エッジ交換)した方が安あがり。

Autograph の雰囲気を手軽に楽しむためには自作しかないけど...

7/30サイズ の自作タンノイオートグラフ・ミニ がやっと完成。

スピーカーユニットは FOSTEX FE83En

agrf4.JPG








サランネットは100均で購入した洗顔用タオル。

ナイロンと綿 でできているらしい。

もともとの色は白だがインスタントコーヒーで染色した。

それとサランネットの角材は 100均の 3X3X910mm をそのまま使用した。

agrf3.JPG








サランネットははめ込んでいるだけなので取り外し可。

agrf2.JPG









ラワンベニア板から切り出した1本分の部品。

agrf1.JPG








...それと画像では見えないが、スピーカーユニットの真後の斜め45°の板にはフエルトを貼っている。

このフエルトを貼るだけでかなり 音 が変わる。

塗装は水で3倍程度に薄めた木工ボンドを下塗りし、アクリル樹脂(フローリングワックス)を3度塗りしている。

PCにはUSBサウンドアダプターを経由して接続。

ただし、スピーカーはサウンドアダプターのラインアウトに直接接続。

アンプなしでも必要十分な音量がでる。


パソコン用にオークションでスピーカーを探していたら、結構自作のスピーカーが出品されていた。

でっ、自分もスピーカーを自作しようかと思い、30年程前に雑誌に掲載されていた TANNOY Autograph の製作記事を思い出し、 自作タンノイオートグラフ で検索したら 

TANNOY Autograph Builder ★☆★・・Let's make the 【TANNOY Autograph】 by yourself・・・★☆★

というブログがヒットした。

しかも、作者の方のご厚意で図面まで頂いた。

ただ、住宅事情のため オリジナルのサイズではとても置く場所がない。

それに、パソコンのスピーカーが目的だったので...縮小して作ってみた。

オリジナルの 7/30 の大きさ。

スピーカーのユニットサイズだと8cm程。

もっとも、カッターで裁断できる限界の板厚が3mmぐらいだと思い、ホームセンターで購入した 2.3mmの合板が実測したら2.7mm。

型紙の0.1mmを加えて 2.8mm として計算するとユニットのサイズがたまたま8cmになっただけ。

1個目の製作途中でまだ完成していない。

カッターで合板を切ろうとしたのが... 右手が腱鞘炎ぎみ。

とりあえずここまで完成。

tag3.JPG










写りが悪い...



カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新トラックバック
最新コメント
無題(返信済)
(05/02)
(08/13)
プロフィール
HN:
sho
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
"sho" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]